×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


焦熱地獄


焦熱地獄とは、大叫喚の下にあり。縦広、前に同じ。
 獄卒、罪人を捉へて熱鉄の地の上に臥せ、或は仰むけ、或は覆せ、頭より足に至るまで、大いなる熱鉄の棒を以て、或は打ち、或は築いて、肉摶の如くならしむ。
或は極熱の大いなる鉄上に置き、猛き炎にてこれを炙り、左右にこれを転がし、表裏より焼き薄む。
或は大いなる鉄の串を以て下よりこれを貫き、頭を徹して出し、反覆してこれを炙り、かの有情の諸根・毛孔、及以び口の中に悉く皆炎を起さしむ。
或は熱に入れ、或は鉄の楼に置くに、鉄火猛く盛んにして骨髄に徹る。
 もしこの獄の豆許の火を以て閻浮提に置かば、一時に焚け尽さん。いはんや罪人の身ははかなること生蘇の如し。長時に焚焼せば、あに忍ぶべけんや。この地獄に人、前の五の地獄に火を望み見ること、猶し霜雪の如し。

 人間の千六百歳を以て他化天の一日夜となして、その寿万六千歳なり。他化天の寿を以て日夜となして、この獄の寿もまた然り。殺・盗・婬・飲酒・妄語・邪見の者、この中に堕つ。

 四門の外にまた十六の別所あり。
その中に一処あり。分荼離迦と名づく。
謂く、かの罪人の一切の身分に、芥子許も火炎なき処なし。異の地獄の人、かくの如く説いて言く、「汝、疾く速かに来れ。汝、疾く速かに来れ。ここに分荼離迦の池あり。水ありて飲むべく、林に潤へる影あり」と。随ひて走り趣くに、道の上に坑ありて、中に熾なる火満てり。罪人、入り已りて、一切の身分、皆悉く焼け尽く。焼け已ればまた生じ、生じ已ればまた焼く。渇欲息まず。便ち前に進み入る。既にかの処に入れば、分荼離迦の炎の燃ゆること、高さ五百由旬なり。かの火に焼き炙られ、死してまた活へる。もし人、自ら餓死して、天に生るることを得んと望み、また他人に教へて邪見に住まらしめたる者、この中に堕つ。
 また別所あり。闇火風と名づく。
謂く、かの罪人、悪風に吹かれ、虚空の中にありて、所依の処なし。輪の如く疾く転じて、身見るべからず。かくの如く転じ已るに、異る刀風生じて、身を砕くこと沙の如く、十方に分散す。散じ已ればまた生じ、生じ已ればまた散ず。恒常にかくの如し。もし人、かくの如きの見を作さん、「一切の諸法には、常と無常とあり。無常のものは身なり。常のものは四大なり」と。かの邪見の人、かくの如き苦を受く。余は経に説くが如し。




●等活地獄●
罪状:殺生の罪を犯したもの

●黒縄地獄●
罪状:殺生・盗みの罪を犯したもの

●衆合地獄●
罪状:殺生・盗み・邪淫の罪を犯したもの

●叫喚地獄●
罪状:殺生・盗み・邪淫・飲酒の罪を犯したもの

●大叫喚地獄●
罪状:殺生・盗み・邪淫・飲酒の大罪を犯したもの

●焦熱地獄●
罪状:殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語の罪を犯したもの

●大焦熱地獄●
罪状:殺生・盗み・尼への邪淫・飲酒・妄語の罪を犯したもの

●無間地獄●
罪状:両親の殺生・仏の教えを守らない罪を犯したもの








四国八十八ヶ所霊場
百観音霊場
   ・西国観音霊場
   ・坂東観音霊場
   ・秩父観音霊場
地方霊場巡礼記
名刹探訪日誌
日本各地の霊場


 ・巡礼の作法
 ・仏像と寺院
 ・般若の教え
 ・様々な巡礼霊場
 ・巡礼用品
 ・極楽浄土
 ・仏名鑑
 ・六道輪廻の思想
 ・地獄めぐり



巡礼・遍路の旅
TOPページへ