×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


衆合地獄


衆合地獄とは、黒縄の下にあり。縦広、前に同じ。
 多く鉄の山ありて、両々相対す。牛頭・馬頭等のもろもろの獄卒、手に器仗を執り、駈りて山の間に入らしむ。
この時、両の山、迫り来りて合せ押すに、身体摧け砕け、血流れて地に満つ。或は鉄の山ありて空より落ち、罪人を打ちて砕くこと沙揣の如し。
或は石の上に置き巌を以てこれを押し、或は鉄の臼に入れ鉄の杵を以て擣く。極悪の獄鬼、并に熱鉄の師子・虎・狼等のもろもろの獣、烏・鷲等の鳥、競ひ来りて食う。
 また鉄炎の嘴の鷲、その腸を取り已りて樹の頭に掛け在き、これを食ふ。

 かしこに大いなる江あり。中に鉄の鉤ありて皆悉く火に燃ゆ。獄卒、罪人を執りて、かの河の中に擲げ、鉄の鉤の上に堕す。
またかの河の中に熱き赤銅の汁ありて、かの罪人をうはす。或は身、日の初めて出づるが如き者あり。身沈没すること重き石の如き者あり。手を挙げ、天に向ひて号び哭く者あり。共に相近づいて号び哭く者あり。久しく大苦を受くれども、主なく、救ふものなし。

 またふたたび獄卒、地獄の人を取りて刀葉の林に置く。かの樹の頭を見れば、好き端正厳飾の婦女あり。かくの如く見已りて、即ちかの樹に上るに、樹の葉、刀の如くその身の肉を割き、次いでその筋を割く。かくの如く一切の処を劈き割いて、已に樹に上ることを得已りて、かの婦女を見れば、また地にあり。欲の媚びたる眼を以て、上に罪人を看て、かくの如きの言を作す、「汝念ふ因縁もて、我、この処ノ到れり。汝、いま何が故ぞ、来りて我に近づかざる。なんぞ我を抱かざる」と。罪人見已りて、欲心熾盛にして、次第にまた下るに、刀葉上に向きて利きこと剃刀の如し。前の如く遍く一切の身分を割く。既に地に到り已るに、かの婦女はまた樹の頭にあり。罪人見已りて、また樹に上る。かくの如く無量百千億歳、自心に誑かされて、かの地獄の中に、かくの如く転り行き、かくの如く焼かるること、邪欲を因となす。

獄卒、罪人を呵嘖して、偈を説いて曰く、
異人の作れる悪もて 異人、苦の報を受くるにあらず 自業自得の果なり 衆生皆かくの如しと。
 人間の二百歳を以て夜摩天の一日夜となして、その寿二千歳なり。かの天の寿を以て、この地獄の一日夜となして、その寿二千歳なり。殺生・偸盗・邪婬の者、この中に堕つ。

 この大地獄にまた十六の別所あり。
謂く、一処あり。悪見処と名づく。
他の児子を取り、強ひて邪行を逼り、号び哭かしめたる者、ここに堕ちて苦を受く。
謂く、罪人、自の児子を見るに、地獄の中にあり。獄卒、もしは鉄杖を以て、もしは鉄錐を以て、その陰中を刺し、もしは鉄鉤を以て、その陰中に釘つ。既に自の子のかくの如きの苦事を見て、愛心悲絶して堪へ忍ぶべからず。この愛心の苦は、火焼の苦においては十六分の中、その一にも及ばず。かの人、かくの如く心の苦に逼られ已りてまた身の苦を受く。
謂く、頭面を下に在き、熱き銅の汁を盛りて、その糞門に潅ぎ、その身の内に入れて、その熟蔵・大小の腸等を焼く。次第に焼き已れば、下にありて出づ。具さに身心の二苦を受くること、無量百千年の中に止まず。
 また別所あり。多苦悩と名づく。
謂く、男の、男において邪行を行ぜし者、ここに堕ちて苦を受く。
謂く、本の男子を見れば、一切の身分、皆悉く熱炎あり。来りてその身を抱くに、一切の身分、皆悉く解け散る。死し已りてまた活へり、極めて怖畏を生じ、走り避けて去るに、嶮しき岸に堕ち、炎の嘴の烏、炎の口の野干ありて、これを食ふ。
 また別所あり。忍苦処と名づく。
他の婦女を取れる者、ここに堕ちて苦を受く。
謂く、獄卒、これを樹の頭に懸けて、頭面を下に在き、足を上に在き、下に大いなる炎を燃やして、一切の身分を焼く。焼け尽きてまた生く。唱へ喚ばはらんとして口を開けば、火は口より入りて、その心・肺・生熟の蔵等を焼く。余は経に説くが如し。



●等活地獄●
罪状:殺生の罪を犯したもの

●黒縄地獄●
罪状:殺生・盗みの罪を犯したもの

●衆合地獄●
罪状:殺生・盗み・邪淫の罪を犯したもの

●叫喚地獄●
罪状:殺生・盗み・邪淫・飲酒の罪を犯したもの

●大叫喚地獄●
罪状:殺生・盗み・邪淫・飲酒の大罪を犯したもの

●焦熱地獄●
罪状:殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語の罪を犯したもの

●大焦熱地獄●
罪状:殺生・盗み・尼への邪淫・飲酒・妄語の罪を犯したもの

●無間地獄●
罪状:両親の殺生・仏の教えを守らない罪を犯したもの








四国八十八ヶ所霊場
百観音霊場
   ・西国観音霊場
   ・坂東観音霊場
   ・秩父観音霊場
地方霊場巡礼記
名刹探訪日誌
日本各地の霊場


 ・巡礼の作法
 ・仏像と寺院
 ・般若の教え
 ・様々な巡礼霊場
 ・巡礼用品
 ・極楽浄土
 ・仏名鑑
 ・六道輪廻の思想
 ・地獄めぐり



巡礼・遍路の旅
TOPページへ